オンラインカジノ必勝法まとめサイト

オンラインカジノで勝つ方法とは!?

007 カジノ・ロワイヤル

   

オンラインカジノを無料で遊ぶ方法

・オンラインカジノを試してみたい
・無料でカジノで遊びたい

そんな方におすすめの方法はこちら
無料でカジノをやる裏技

 
 
 
 

007 カジノ・ロワイヤル, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=434649 / CC BY SA 3.0

#マーティン・キャンベルの監督映画
#007シリーズの映画
#イギリスの小説
#2006年の映画
#カジノ
#アメリカ合衆国の犯罪映画
#アメリカ合衆国の冒険映画
#イギリスの犯罪映画
#イギリスの冒険映画
#リブート映画
『007 カジノ・ロワイヤル』(ダブルオーセブン カジノ・ロワイヤル、Casino Royale / You Asked for It)は、イアン・フレミングの小説007シリーズ長編第1作、およびその映画化作品。
第二次世界大戦中、イギリス海軍情報部に所属していたイアン・フレミングが、戦後その知識と経験を基に創作したスパイ小説である。
1953年にイギリスのジョナサン・ケープから刊行された。
イギリスの秘密情報部員ジェームズ・ボンドの活躍を描いた物語で、シリーズ化された。
アメリカ合衆国で刊行されたペーパーバック版は当初『You Asked for It』というタイトルで刊行された。
ソ連・スメルシュのフランスにおける工作員であるル・シッフルは、使い込んだ組織の資金を穴埋めするため、ロワイヤル・レゾーのカジノでシュマン・ド・フェール(バカラ)による一攫千金を狙っていた。
イギリス秘密情報部員007、ジェームズ・ボンドは、上司 M から、シュマン・ド・フェールでル・シッフルを負かして破滅させるよう命令される。
ボンドは、同僚の女性ヴェスパー・リンド、フランス参謀本部2課のルネ・マティス、CIAのフェリックス・ライターと連携し、一度は窮地に陥りながらも任務に成功する。
しかし、その直後にヴェスパーがル・シッフルに拉致され、後を追ったボンドも捕まり、金を返すよう拷問にかけられるが、ル・シッフルはスメルシュの刺客に粛清され、ボンドは命拾いをする。
ボンドは自分の仕事に疑問を抱いて辞職を決意し、ヴェスパーとの結婚を考えるが、その結末は悲劇に終わる。
2006年のアメリカ ・イギリス・チェコ・ドイツの合作スパイアクション映画。
007シリーズ第21作にして初のリブート作。
同シリーズ17作目の『007 ゴールデンアイ』で監督をし、高い評価を得たマーティン・キャンベル監督の2度目の作品で、ジェームズ・ボンド役としてダニエル・クレイグが演じた初の作品であり、シリーズ初の「金髪のボンド」ということでも注目を集めた。
プラハでの内部汚職の根を絶ち、殺しのライセンス・00(ダブルオー)を得たボンドはマダガスカルで、ある爆弾密造人の監視をしていた。
監視に気付いてアフリカ某国の大使館に逃げ込んだその男の携帯電話に残されたメッセージ「エリプシス」の糸を手繰り、ボンドはバハマのホテルへ向かう。
そこでメッセージの送信者である武器商人ディミトリオスと、その妻ソランジュと接触したボンドは、マイアミ国際空港で披露される超大型旅客機の爆破計画を知る。
この計画に絡んでいるとして、ボンドはMからル・シッフルという男の情報を得る。
ル・シッフルは世界各国のテロ組織から預かった資金をマネーロンダリングしつつ運用しており、今回は大型旅客機製造会社「スカイフリート」の株の空売りを仕込んだ上で、同社が製造した超大型旅客機「スカイフリートS570」をお披露目式で爆破して、巨額の利益を得ようとしていた。
旅客機の爆破はボンドによって阻止され、投機の失敗により巨額の金を失ったル・シッフルは、テロ組織に返済するための資金を稼ぐためにモンテネグロの「カジノ・ロワイヤル」にて開催されるポーカーゲームに参加する。
ボンドもそのゲームに参加し、国の資金を使ってテロ資金稼ぎを阻止するよう命じられ、監視役として送られて来た金融活動部(FATF)のヴェスパー・リンドとともにモンテネグロへ向かう。
主人公のダニエル ※2019年12月18日発売の「007/ダニエル・クレイグ 4K ULTRA HD BOX〈8枚組〉 Blu-Ray」の4K ULTRA HDディスクには2種類の吹き替え版を全て収録。
ティモシー・ダルトン主演第15作『007 リビング・デイライツ』以来のイアン・フレミングの小説が原作となっている。
また、今作品のラストシーン(ボンドがホワイトを襲撃するシーン)と、次作『007 慰めの報酬』の冒頭シーン(ボンドがホワイトをカーチェイスの上、MI6本部まで搬送するシーン)がシンクロしており、次作『007 慰めの報酬』は本作の続編かつオリジナル脚本による作品となった。
本作は正確にはリメイクとなるが、1967年の旧作は原作を大幅に逸脱したパロディ作品だった。
今回のリメイク作は原...

 - 未分類